光回線とADSLの違いは?

光回線とADSLの違いとは?

ADSLは電話回線、光回線は光ファイバーケーブルを使って行われるブロードバンド回線のこと。

 

ADSLと光回線の違いで一番言われるのが「通信速度」の違いですがなぜこれほどまでに違ってくるのでしょうか。

 

まずADSLの電話回線はケーブルの中に2本の銅線が通りそれにデータを音声信号に変換した電気を流すことでデータの通信が行われています。

 

つまり自宅のある場所と電気信号をやり取りする基であるNTTの基地局との距離が遠ければ遠いほど通信速度が遅くなってしまい、またデータの通信も外部からの影響を非常に受けやすく基地局から離れるほどにノイズの影響も出やすくなってしまうのですね。

 

さらに回線が込み合う時間帯であると余計に速度が遅くなってしまうと言うことも起きてしまうのです。

 

その点光回線ではガラスやプラスチックでできた3ミリほどのケーブルの中に電気ではなく光を通してデータの通信が行われているので距離や周りの環境に左右されることなく常に安定した状態でデータ通信を行う事が出来ます。

 

ですから光回線を使うことで動画やテレビの視聴など大容量のデータが必要となる通信でも途切れることなくサクサクとスムーズに圧倒的な速さを確保する事が出来るのです。

 

これが光回線の持つ一番のメリット。

 

ただ光回線を利用するには回線を自宅内へと引き込むための工事が必要となり、開通までにはある程度の時間を必要とします。

 

また場所によっては光ファイバーケーブルが敷かれていない場所もあり、電話回線のようにすべての地域で利用が可能と言うわけではなく、申込前に必ず利用が可能かの事前確認をしなければならないのですね。

 

その点でいえばADSLはNTTの電話回線をそのまま利用できるので特別な工事などの必要もなく受付後すぐにも使えるようになり、料金形態も光回線に比べるとまだまだ割安であると言えます。

 

でも光回線にはそれを上回る魅力がたくさんあります。

 

例えば光電話や光テレビなどのオプションサービス。

 

これらはADSL回線では実現不可能で光だからこそ出来るサービスで、従来のADSLだとインターネットを使うことしかできませんでしたが光回線は常時安定した大容量のデータ通信が可能なのでこれから先もっともっと生活を豊かにしてくれる質の高いサービスを受けることが可能になるのです。

 

ADSLに出来て光回線に出来ないことはなく、またその逆もあり得ないのです。

 

これからのデジタル社会にとって光回線はよりなくてはならないものになっていくことはまず間違いなく、ADSLにとって代わる日もそう遠くはないでしょう。


1万円が【確実】にもらえる光回線契約のやり方


光回線とADSLの違いとは?
光回線とADSLの違いとは? 光回線とADSLの違いとは?
光回線とADSLの違いとは?
光回線とADSLの違いとは?
光回線とADSLの違いとは?