光回線の申し込み方法は?

光回線の申し込み方

光回線を実際に利用すると決まればまず光回線の申し込みを行う必要があります。

 

光回線を引くにはまず光ファイバーを提供している「光回線業者」を選ぶ必要があり、これらは主に電話会社や電力会社が母体となっているところが多いのが特徴です。

 

最も大規模な光回線業者として知られているのがNTTの「フレッツ光」。

 

東日本と西日本大きく分けて2つあり利用エリアとしてもダントツの広さを誇っているのが特徴です。

 

ただフレッツ光はあくまでも光ファイバーを提供している回線業者であるためインターネットを利用するにはさらにインターネット接続業者、いわゆるプロバイダとの契約をしなければなりません。

 

つまりフレッツ光を単独ではインターネットの利用は不可能でプロバイダとの契約を同時に行わないといけないのですね。

 

そのためフレッツ光では「フレッツ光+プロバイダ業者」と言ったようにセットで申し込むことが主流となっていて、料金プランや提供サービスなんかもプロバイダによって変わってくるのです。

 

またフレッツ光以外にもソフトバンクやKDDIなどの回線業者も別途にプロバイダの契約が必須となっていますが、ケイ・オプティコム(関西電力系列)のように回線業者とプロバイダが一緒になっているトコロも数は少ないですがあるので月額利用料を抑えたい場合にはチェックしておくと良いでしょう。

 

光回線を申し込む方法は主にネット、電話、店頭と言った3パターンに分ける事が出来ます。

 

特に大型の電気量販店などに行くと光回線の申し込みの呼び込みをしているのを良く見かけますよね。

 

サービスの違いなどを聞くには担当者に実際に聞いてみる一番なのでこういった機会を利用するのも間違いのない方法であると言えます。

 

ただこの場合は選べるプロバイダ業者に限りが出てくるので利用したいプロバイダが決まっている場合にはお勧めできません。

 

次に電話での受付ですが、担当者とやり取りを行いながら申し込みを行う事が出来るので、質問がある場合や選ぶプランに迷いがあると言った場合にはオススメです。

 

ただ電話受付の場合、契約書類の発送、受取、契約書類に記入、返送と書類の手続きにネットや店頭よりも倍以上の時間が必要となるのである程度の時間が必要となることを覚悟しておかなければなりません。

 

最後のネットを介しての申し込みですが、プラン決定から必要事項の記入まですべて自分で判断して行わなければなりませんがその反面利用可能なすべてのプロバイダから自由に選ぶ事が出来ますし、インターネット限定のキャンペーンなどを利用することもできます。

 

また申込時期も最もお得なタイミングを狙って行う事が出来るので出来るだけ自由度が高く、よりお得に申し込みを行いたいと言った場合にはインターネットを介して申し込むのが一番お得であると言えるでしょう。


1万円が【確実】にもらえる光回線契約のやり方


光回線の申し込み方
光回線の申し込み方 光回線の申し込み方
光回線の申し込み方
光回線の申し込み方
光回線の申し込み方