光回線 料金

光回線の料金・値段はいくら?

光回線を利用した時支払う金額はいくらくらいになるのでしょうか?

 

インターネットの利用料は一度きりではなく光熱費のように使い続ける限り長く負担していかなければならないものなので、できる限り費用を安く抑えたいと思うのは当たり前。

 

ただ一言で「光回線の料金」と言っても利用する光回線業者やプロバイダによっても値段は変わってくるので一概に金額を断定することは出来ません。

 

特にNTTの光回線である光フレッツを利用する場合には、光フレッツとともにインターネット接続業者であるプロバイダとも契約をしなくてはならないので契約しているプロバイダが違えば月額料金としてもそれぞれ変わってきてしまうのですね。

 

と言うのもプロバイダの利用料金はそれぞれの会社が独自で値段設定をするため制限がなく利用料金としても大きな差が出てきてしまうのです。

 

ただフレッツ光の料金は完全な固定性なのでプロバイダが変わっても値段自体が変わることがありません。

 

ですから少しでも安く毎月の支払いを抑えたい方は月額利用料の安いプロバイダと契約することが必要。

 

ただこのとき気を付けなければならないのが光回線の場合、プロバイダによって利用できるオプションに違いがあると言うことです。

 

もしあなたが光電話や光テレビなどを利用したいと考えるならこれらのサービスの提供を行っているプロバイダとの契約をしなければなりません。

 

つまりこの場合「値段が安い=満足」と言う結果には一概には言えないのですね。

 

プロバイダを契約するときには値段の安い・高いだけでなくサービス内容やセキュリティ環境、使い勝手、サポート対応など総合的な判断を元に選択することが大切であると言えるでしょう。

 

また光回線の場合には必要となる料金は毎月の月額使用料だけでなく光回線を自宅に引き込むための初期費用も必要となってきます。

 

初期費用の料金は回線業者によって多少の違いはありますが大抵の場合2万〜3万円程度は必要になることがほとんどですから、契約時には多少の出費が必要になってくるのですね。

 

ただこれは戸建ての場合の話。

 

マンションなどの集合住宅では建設時に光回線があらかじめ導入されているケースも多いのでこの場合は初期費用も少なくて済みます。

 

ただ戸建ての場合の回線導入工事料金についてもキャンペーンを利用することで”無料“となる業者も少なくなく、実質0円で光回線を導入できるケースも少なくありません。

 

キャンペーンはたいていの場合、年に2〜3回行われるので光回線に乗り換えるならチャンスを見逃さないようマメにチェックしておくことをお勧めします。


1万円が【確実】にもらえる光回線契約のやり方


光回線の料金・値段はいくら?
光回線の料金・値段はいくら? 光回線の料金・値段はいくら?
光回線の料金・値段はいくら?
光回線の料金・値段はいくら?
光回線の料金・値段はいくら?